今まで演じてきた中で一番普通のキャラを初めて演じたときの苦労話

“私は某高校の演劇部OGですが、演劇部時代は文化祭の場で発表したり県大会に出場したり先生に依頼されて学年集会で劇をしたりなどそれなりに演劇部らしい活動はしていました。それだけにとどまらず学内でクリスマス公演をしたり卒業公演をしたりすることもありましたが、私が今まで演じた役たちはとにかく「個性的」でした。しかし高校最後の文化祭で演じた役だけは至って普通のキャラでした。今回はその役を演じたときのことをお話します。

私の在籍していた演劇部は公演の際は一から部員達で脚本を考えるいわゆるオリジナルストーリーが多かったですが、たまには部室にある脚本集を活用させようという話になり上田美和さんの「トシドンの放課後」という作品を取り扱うことに。この作品は主人公の問題児の女子生徒・あかねと不登校の男子生徒・平野が生徒指導室で出会い、共に苦悩を乗り越えて成長していくという内容です。私はあかねの担任の長山という真面目な新米の女教師の役でしたが脇役とは言え、思ったより台詞量が多いので驚きました。ですが私は比較的台詞を覚えるのが早かったので、台詞に関してはあまり問題ではありませんでした。実は今回私は元々音響担当でしたが、最初長山役だった部員が台詞を中々覚えず問題を起こして辞めてしまったのでピンチヒッターとして出ることになったのです。ちなみにあかね役も中々台詞を覚えずやる気が感じられなかったので、私と同学年の部員があかねの台詞を覚えることでいつでも役者交代が出来るよう調整していました。

先ほどもお話したように台詞に関しては問題ありませんでしたが、動きと表情が硬いままで練習中にそのことを指摘されることが多くて凹む日々でした。私は長山のように真面目な人間ではなかったので彼女の気持ちがあまり理解出来なかったのです。痛いところを突かれて悔しくて悔しくて涙した日もありましたしひたすら家や風呂場で練習していたことを今でも鮮明に覚えています。演劇部に在籍していて役作りがうまく出来ないことは致命的だと思いますが、ピンチヒッターで引き受けたとはいえすごく苦労しました。特にあかねに説教をする場面は台本にダメ出しがギッチリでした。それだけでなくあかねとのコンビネーションがなかなかうまくいきませんでした。そのため「タイミングがおかしい」というダメ出しが台本にちらほら残っています。おそらく先輩と後輩の関係(私が先輩であかね役の部員が後輩)でお互いに気を遣ったというのもあったのでしょう。

このように色々なことがありながら迎えた文化祭当日、少々ハプニングがありましたが無事に公演が終了しました。見に来て下さった観客の方々の拍手がすごく身に染みましたし、今までの中で一番いい演技が出来たと自分では思っています。裏方の部員達だけでなく友人達からも「良かったよ」と言われて演じて良かったと思います。この「トシドンの放課後」はウルッとくるストーリーですが、演じていて思わずウルッと来てしまいました。今まで数々の役を演じた中で一番何の癖もない普通のキャラだった長山ですが、思い返すと一番難しくやりがいのある役でした。”